ホーム » 化粧品 » 洗顔料を選ぶコツと基準

洗顔料を選ぶコツと基準

洗顔料を選ぶコツは、それぞれの肌質別に洗顔料を選ぶことです。乾燥肌、脂性肌、敏感肌、混合肌に合った洗顔料を選ぶことが大事です。そして、汚れを落とす機能に特化したものを選ぶことです。洗顔料のなかには、潤い成分配合のものがありますが、そうしたものは、油分を多く配合しているだけで、しっとりしたようにみせかけているだけです。
保湿成分や油分は美容液やクリームで補えばいいので洗顔料には特に必要ありません。洗顔料を選ぶ基準は、汚れを落とす機能に特化したものなので、おすすめは固形石けんになります。クリームやリキッドタイプの洗顔料は、洗顔後、肌にヌルヌルが残ります。ヌルヌルの正体は、油分か界面活性剤になります。油分が肌の残ると肌のダメージになり、洗顔後に使うスキンケア化粧品の浸透も悪くなります。界面活性剤は、肌によくなく、肌トラブルを起こす危険性があります。洗顔石鹸は、油分や界面活性剤を極力含んでいないものが良いので、一番のおすすめは固形石けんということになります。リキッドタイプやクリームタイプなどの油分が多く、界面活性剤も多い洗顔料は基本的にNGです。

ホットクレンジング