ホーム » 洗顔 » 洗顔してもニキビが増えてしまう要因とは?

洗顔してもニキビが増えてしまう要因とは?

洗顔してもニキビが増えてしまうことがあります。その要因は何かというと、過剰な洗顔にあります。過剰な洗顔をすると、ニキビに対しては逆効果で、かえって悪化します。ニキビができると過剰な皮脂が気になるので、暇があれば洗顔したくなります。洗顔すると確かにさっぱり感があり、とても気持ちはよくなります。
しかし過剰に洗顔すると、肌が必要とする皮脂までも落としてしまうことになるのでよくありません。肌には、適度な水分と油分が必要なのです。皮脂は皮膚を守るバリアの役割もあるので、皮脂をすべてとるのはよくありません。そうするとバリア機能が失われ、外的刺激である紫外線や乾燥を防ぐことができなくなります。そうなると、ターンオーバー機能を正常に保つこともできなくなります。ニキビが気になるからと言って、過剰な洗顔をすると、肌が必要とする油分まで奪うことになり、肌は乾燥状態になり、ニキビを誘発するのです。乾燥状態になった肌は、より皮脂を分泌させることになり、結果的にニキビを増やしてしまうのです。洗顔を繰り返すと皮脂が余計に分泌されるので、ニキビが増加します。

洗顔フォームおすすめ