透明感のある白い皮膚を実現しよう

美白と美肌、ドライというシワなどは見た目、別の困難にも聞こえますが、肌荒れはどれも関連して起こっています。ですから、美白や美肌を心がけていれば、ドライも不潔もたるみもすべての肌荒れを解消しようとしているのも同じです。理想的な皮膚というのは、モイスチャーという油分の釣合が取れていて保湿がしっかりされておるということで、ハードル仕掛けが円滑でドライ控えるお皮膚になっているという状態だ。お肌の状態が正しく保たれていれば、ドライもしにくく、乾燥していないは不潔やたるみにもなりにくいということです。健康な皮膚は代謝も正常なので、古めかしい角質は綺麗に剥がれ落ちて、透明感のある白い皮膚を実現することができます。美白と美肌を同時に手に入れるスキンケア法は、なるたけシンプルな材質のコスメティックを選んでかぶれや赤みを起こさないようにすることだ。また、保湿を行うために保湿材質としてセラミドなどの有益材質が含まれている基本コスメティックを選びましょう。ナーバス皮膚の場合には、ビタミンC誘導体やリカーは圧力になることがあるので、裂けるのが望ましいです。

(さらに…)

BBクリームとCCクリームはどんな違いがあるの?

BBクリームとCCクリームとの違いをご存知ですか。
一般的にはBBクリームには日焼け止めやファンデーションCCクリームは薄付きでナチュラルなしあがりで、ファンデーションのようなカバー力はありません。

CCクリームとは、スキンケアの効果とメイクの機能の両方を兼ね備えたクリームで、BBクリームよりも便利で人気があります。
(さらに…)

欧米モデルが愛用するコスメはどれ?

欧米モデルが愛用するコスメは、意外にも日本製のコスメなのです。日本の化粧品は低価格で高品質ということで、世界から高く評価されています。欧米モデルが愛用しているのは、日本の優秀なコスメだったのです。海外の高級コスメブランドとしてトップに君臨しているのがSK-IIで、日本女性の美しさを象徴するアイテムであるSK-Ⅱは、欧米モデルも愛用しています。

(さらに…)

有名メーカーの洗顔料で人気なのはどれ?

洗顔料というのは非常に多くの種類が出ていてどれが良いのか分からないという方も多いと思います。有名メーカーの洗顔料で人気なのはどれなのかを検証してみました。スーパーやドラッグストアでよく売れているのは、「カウブランド青箱(さっぱり)」や「花王ホワイト ホワイトフローラルの香り」です。オーソドックスな石鹸ですが、石鹸は石油系合成界面活性剤では無く植物性の界面活性剤で洗うのでお肌に優しいです。
(さらに…)

朝の洗顔は水が良いかお湯が良いか?

朝起きて顔を洗うという時にはどのようにしたら良いのでしょうか。一番先に思いつくのは洗顔を冷たい水で行うのが良いのか、お湯で行うのが良いのかということが気になるところとなります。朝なのでキリッと冷たい水で洗顔をしたほうが目も覚めるし肌も締まって良いような感じもしますし、あ熱いお湯でしっかりと洗ったほうが寝ている間に付いた汚れというものが綺麗に取れるようなイメージもあります。
(さらに…)

オイルシャンプーとは?

一時期はノンシリコンシャンプーが非常に流行しましたが、最近ではさらに別のアイテムが人気になってきているといわれています。それがオイルシャンプーです。オイルで髪を洗う?べたつくのでは?と想像する方もいると思いますが、オイルシャンプーは非常にお汚れ落ちがよく、さらに価格もノンシリコンシャンプーが高額なものが多く出回っていたのに対して、比較的お手頃な価格で購入することが出来るものが多くなっています。
(さらに…)

洗顔してもニキビが増えてしまう要因とは?

洗顔してもニキビが増えてしまうことがあります。その要因は何かというと、過剰な洗顔にあります。過剰な洗顔をすると、ニキビに対しては逆効果で、かえって悪化します。ニキビができると過剰な皮脂が気になるので、暇があれば洗顔したくなります。洗顔すると確かにさっぱり感があり、とても気持ちはよくなります。
(さらに…)

リキッドファンデーションはアトピー肌に使っても大丈夫?

ファンデーションというと、コンパクトに入ったパウダータイプをパフでつけるという方が多いように思います。メイクに関心がある人ほど、リキッドファンデーションを使っている方が多いように思います。リキッドファンデーションは、手で付けることもできますからお肌に優しいと考えられます。
(さらに…)

ミネラルファンデーションが愛用される理由について解説

ミネラルファンデーションが愛される理由は、まさしく、ミネラル成分が含まれているからです。化学合成されている成分がほとんど含まれていないので、肌に優しくなっています。パウダータイプで油分が含まれていないのも愛される理由です。油分で固めていないので肌に負担がなく、クレンジングで落とす必要がありません。
(さらに…)

洗顔料を選ぶコツと基準

洗顔料を選ぶコツは、それぞれの肌質別に洗顔料を選ぶことです。乾燥肌、脂性肌、敏感肌、混合肌に合った洗顔料を選ぶことが大事です。そして、汚れを落とす機能に特化したものを選ぶことです。洗顔料のなかには、潤い成分配合のものがありますが、そうしたものは、油分を多く配合しているだけで、しっとりしたようにみせかけているだけです。
(さらに…)